アロマオイルで若返り

「イランイラン」

インドネシア原産のとても甘い香りのエッセンシャルオイルです。
「花の中の花」とフィリピンのタガログ語で呼ばれるその濃厚な香りは、インドの新婚初夜の部屋で焚かれる香りとしても有名で、愛し合う二人を更なる官能へ導いていく催淫作用もあるそうです。
女性ホルモンが減少しつつあるので、この香りが好きなのかもしれません。

「ラベンダー」

数あるエッセンシャルオイルの中でも一番有名と言ってもいいラベンダー。
リラックス効果が高く、興奮して眠れない時、不安を抱えて落ち着かない時など、ラベンダーの香りを嗅ぐ事で気持ちを落ち着かせたるなど特に不安定な更年期に持ち歩きたいオイルです。
他にも様々な効能があり、ユーカリと共に、直接肌に付けてもよいエッセンシャルオイルとしても有名です。
また、殺菌や消毒、消炎作用もあり、デリケートゾーンソープにも配合されているオイルです。

30歳後半から本格的に肌の老化が始まる理由

肌のハリを維持するにはコラーゲンが必須ですが、このコラーゲン、30代後半位から急激に減少することによって老化が進むのです。

保水力が高いコラーゲンが少なくなるので30代後半からお肌の水分量がガタっと下がります。

だから、20代と同じ化粧品では、ダメージ等は十分にケアできません。
目元の乾燥にはアイクリーム、カサカサ乾燥には保湿やクリームにこだわったり。
大人ニキビには専用のケア用品を。

週一回のスペシャルケアで老化予防をすると肌のハリが変わります。

40代から本格的に毛穴が広がる理由

毛穴の広がりとはお顔の皮膚がたるむことで毛穴が広がって流れてしまうことで、ファンデーションでも隠れなくなるほど毛穴が気になってきます。

一度毛穴が気になると、なかなか改善できずに悩みを抱えている女性は多いのです。

30代に入ると毛穴の悩みは多くなるのですが、40代に入ると本格的に毛穴が広がり、どうしたらいいのか分からなくなってしまいます。

毛穴が広がっているということは、お顔の皮膚がたるんでいるということなので、毛穴の引き締めケアではなくて、たるみケアをしていきましょう。

こめかみの辺りを上に引っ張って、毛穴が目立たなくなるという人は、お顔の皮膚がたるんで毛穴が広がってしまっている証拠です。

◆40代になると体の機能が衰え老け肌を加速
加齢に伴い、シワ、シミ、たるみなどの肌トラブルが増加します。

これらは、乾燥や女性ホルモンの減少、ハリの低下が原因です。
毎日お肌のケアをしていても効果が出にくくなるので、生活習慣や、食事療法で解消しましょう。

十分な睡眠をとり、バランスの良い食事をしましょう。
ストレスをためないことも大切です。

また、肌ケアも若いころと違い、特別ケアが必要になります。自分の肌の様子で、化粧水やHGAスプレーやアイクリームなどを使用することを心がけましょう。

肌の老化と女性ホルモンの減少

女性ホルモンは女性の美と健康を保つ働きをしていますが、更年期が始まる30代後半からいっきに女性ホルモンが減るため

今まで髪やお肌の潤いを、女性ホルモンの働きによって保たれていたのに、髪はパサつきやすくなります。

又、お肌の新陳代謝も悪くなり、コラーゲン、エラスチンが減少することで、お肌のハリや潤いを保つ力も低下してしまうのです。

加齢による老化や、女性ホルモンの減少を防ぐのは難しいですが、日頃から規則正しい生活や、ストレスを溜めないようにリラックスをする時間を取ることで、ホルモンバランスの乱れを起こさないようにしていきましょう。

女性ホルモンが少なくなって男性ホルモンが優位に

女性ホルモンは、女性らしい体型やお肌の潤いを保つ働きをしています。

なので、閉経により、女性ホルモンの分泌がだんだん減ってくると、男性ホルモンが優位になってきます。

そのせいで、声が低くなってしまったり、濃い毛が生えてきたり、髪の毛の艶がなくなり、薄毛に悩まされたりする人もいます。

ヒアルロン酸を増やして若返り

細胞の中にヒアルロン酸がたっぷりある状態だと、お肌に水分をとどめておく力である保水力が高いために、紫外線からのダメージを受けにくかったり、乾燥によるシミやシワが出来にくくなります

しかし、ヒアルロン酸やコラーゲンといったタンパク質は、年齢を重ねるとともに減っていってしまいます。

だから年齢を重ねたとしてもヒアルロン酸やコラーゲンが減少しないように、化粧品やサプリメント、生活習慣の改善で努力すれば、実年齢より若く見えると言われているのです。

肌を老化させる悪習慣とは?

肌を老化させる悪習慣の中で、肌に強く負荷がかかるのはメイクをしたまま落とさずに寝てしまうことですね。

長時間化粧を肌に乗せている状態が続くと、化粧品が酸化していき、その酸化したものが毛穴の奥に入り込みそこで黒ずんだり、肌をざらつかせる原因になります。

同じ様なことですが、クレンジングをきちんとしていないと、汚れが知らないうちに蓄積され、お肌が荒れる原因になります。
しっかりと鏡を見ながらきちんとメイクは落としましょう。

年齢と老化

年齢を重ねるにつれて、お肌も酸化して錆びてしまうこれを酸化と呼び老化の原因になります。

人は呼吸で酸素を体内に取り入れますが、全てがいい作用をする訳ではなく、余った酸素が活性酸素となり、この活性酸素はタンパク質を攻撃して壊してしまうのです。

お肌はコラーゲンなどのタンパク質でできているので、この活性酸素がタンパク質を壊し続けるとコラーゲンが減少し、まずキメが無くなってきて、ファンデーションがのりにくくなります。

徐々にお肌のハリがなくなり、小じわが増え、それが大きなシワの基になります。
活性酸素は紫外線に当たることや食品添加物などにも含まれており、それに対抗する抗酸化作用のある食品やサプリメントを摂るなどして活性酸素を作らないように心がけることが重要になります。

美肌のために日焼け対策は必須

1年中紫外線対策してますか?

紫外線の光の中にはお肌を老化させるものがたくさんあり、少し浴びるだけでもお肌が老化していってしまうので、冬でも曇りの日でも、面倒臭がらずに紫外線対策はきちんとして外出しましょう。

年齢が上がるほど日々紫外線対策をしてがんばった方がシミやたるみのない美肌を維持できています。

以前はメイクの上から日焼け止めクリームを塗りなおすのが面倒で、1日1回だけしか塗らなかった方もスプレータイプの日焼け止めのおかげでまめにケアできるようになりましたのでおすすめです。

ホワイトニングも大切だけど光老化を予防するのも大事

光を浴びるとお肌が老化してしまうことを光老化といいます。
紫外線を浴びることで、お肌の弾力やハリを保っているコラーゲンやエラスチンを破壊したり減少させてしまうことで、たるみやくすみが進行してしまいます。

なので、野外でお仕事をしている人や、外でスポーツを楽しむ人、アウトドアが好きな人はお肌の老化が早く進行してしまいます。
紫外線の光の中でも、UV-A波がお肌の真皮まで達し、中の組織を傷めてしまいます。

光老化を防ぐためには、紫外線対策が必要不可欠になります。
日焼け止めを塗るにしても、UV-A波までしっかりとブロックしてくれる日焼け止めを選ばないと、お肌の老化を防ぐことはできません。
曇りの日や冬場でも紫外線は出ているので、毎日紫外線対策をしておきましょう。

加齢による顔の劣化

お肌の老化といいますが、本音は加齢による顔の劣化が年齢を重ねるにつれておこります。

それは今まで浴びてきた紫外線によるダメージの蓄積からお肌のハリを保っているコラーゲンなどが破壊されるのに、体内で作られなくなる事や、重力に負けてお肌がたるんでくることや、今まで間違ったケアをしてきていると、それも原因になったりします。

しっかりと毎日鏡の前で、自分の顔と向き合うことが大切です。
自分のお肌はどういう状態なのか、どういうケアをしていったら顔が老化しないかを把握して、それに合ったケアをしていくことが大事です。

肌細胞の生まれ変わり(ターンオーバーとは?)

お肌の生まれ変わりのサイクルのことをターンオーバーといい、ストレスや乱れた食生活、喫煙などの生活習慣によって乱れてしまいます。

ターンオーバーはだいたい28日から30日の周期で起こっており、時間をかけて新しい細胞が角質となることでお肌の内側に悪いものが侵入しないようにバリア機能が働いています。

さらにお肌に膜を作ることでお肌の内側の水分が蒸発してしまわないように、保湿能力も持っているのですが、ターンオーバーが乱れて角質の形が一定でないと、その隙間から悪いものが侵入したり、水分が蒸発して乾燥したり、お肌のトラブルを引き起こしてしまいます。

美魔女が若返りで注意している点

美魔女の多くが若さを保つためにしていることはしみ、たるみ、法令線などは注意して毎日過ごす
半ば基本です。

そして忘れてはいけないのが運動をほどよくして体重維持をこころがけているとこです。

確かに、美魔女と言われている方に太っている方はみかけません。

年齢とともに脂肪もつきやすくなるので、たるべく糖を控え食事も野菜を多く、スムージーなど今流行しているものをなるべく取り入れるようにして、外へのアンテナをたくさんたてることも重要です。

美魔女もやりすぎ、若作りしすぎると、周りからみると滑稽な姿になるので40代なら30代、50代なら40代ぐらいと10歳ぐらいが目安です。

アンチエイジングと抗酸化

活性酸素は、酸化させる力が強い酸素のことです。
何だか悪いイメージが先行していますが、活性酸素はもともとは体にとって必要な物質です。

体内に侵入した細菌やウイルスを撃退するために、白血球から放出されます。
強い酸化力で、殺菌・消毒としての役割があります。しかし、適度ならよいのですが、多く発生すると、肌にダメージが及んだり、ガンや心疾患などの病気を招いたりもします。

また、肌の酸化というのは老化を促します。酸化とは、簡単にいうと錆びることをいいます。年齢を重ねるごとに気になるシワも皮膚の組織が活性酸素により酸化され皮膚が弾力を失ってしまうことが原因なのです。これも先ほどの活性酸素が関係しています。肌が紫外線を浴びると体内で活性酸素が発生します。活性酸素が皮膚の細胞を酸化させてメラニンをふやしてしまうのです。

活性酸素を増やしてしまう原因は、激しい運動やストレス、喫煙や紫外線など様々です。
抗酸化作用のあるものを摂取したり、いろいろ工夫しましょう。

食生活によるたんぱく質が焦げる糖化

肌の糖化とは肌を老化させる怖いものです。
糖化とは肌が焦げること。

例えばホットケーキなどは、綺麗な茶色になりますよね。これは含まれている糖質やたんぱく質が焦げているからなのです。

そして、糖化とは突然起こるわけではなく、特別な現象でもありません。

実は、いつもの食生活がそのまま、糖化につながっているのです。糖化とは、どんな人の身体の中でも起こり続ける現象なのです。

毎日食事を摂るだけで少しずつ進み、甘いケーキを食べればさらに進みます。

即効で若返る?成長ホルモンの力

成長ホルモンは、若返りのホルモンともいわれ、骨や身体の成長だけでなく、お肌のハリに必要なコラーゲンの生成にも大きく関わっているのです。

しかし、年齢を重ねるとともに成長ホルモンの分泌は減っていきます。
さらに、夜更かしや不眠、不規則な生活を送っていると、より成長ホルモンの分泌量は減ってしまいます。

そのため、お肌の新陳代謝も乱れてしまい、お肌の老化が加速してしまいます。

この成長ホルモンの分泌量を増大させることは難しいですが、今分泌されている量を守っていくことは出来ます。
それには規則正しい生活と、バランスの良い食生活を送ることで自律神経を整え、脳の視床下部の働きを乱さないようにすることで、ホルモンの分泌量を安定させることが重要です。

プチ美容整形

整形というと思い感じですが、注射で完了のプチ整形はメイク感覚で多くの方が行っています。

例えば、ボトックス注射は、ボツリヌス菌がつくる毒素をもとにしてつくる薬品で、シワ・小顔改善で処方されます。

ボトックス注射を打つことで、ボツリヌス菌が筋肉を動かすための指示を神経が働かないように働きかけ顔のエラの部分にある筋肉が弱まって、小顔になることが期待できます。

ただ、ボトックス注射は施術を受けてから効果が実感でき始めるようになるまで1週間ほどかかり、4カ月ほど小顔が保持されます。
ボトックスを使った小顔効果は、一定期間を過ぎると失われてしまいます。

しかし、価格面や、施術に要する時間、顔へのリスクやダメージを考えると、これまでの骨を削る小顔施術より、ボトックス注射のほうが安心して受けられます。

エステで若返り!光フェイシャルでアンチエイジング

数ある美容施術の中でも、光フェイシャルはエステで受けられる関心度の高い美容方法です。

光フェイシャルは、エステで短い時間で施術が受けられ、ダウンタイムも短くていいので気軽に施術が受けられます。

肌の健康状態を改善するために、専用のフィルターを通した光を皮膚に照射する施術が光フェイシャルです。

光でたるみ解消

フォトフェイシャルは皮膚に光を照射することで、肌細胞のコラーゲン生成機能を活発化させ、肌をみずみずしくすることが可能です。

元気になった細胞はコラーゲンを増加させ、正常なターンオーバを行いだすことで肌のたるみを解消し、みずみずしくしっとりとした状態に
するので肌が若返ります。

若返り化粧品

年を取ることを止めることはできませんが、老化の対策に効果のある方法はあります。

加齢と共に、皮膚のしわやたるみははっきりしてきて、シミやくすみも濃くなってきます。

加齢を感じさせない若々しさをキープするなら化粧水や美容液やクリームなどの化粧品をアンチエイジングのものを使用するようにしましょう。

これにより皮膚の若さを得ることが可能です。

リフトアップ効果のある化粧品

最近のアンチエイジング化粧品は、顔のハリやつやを戻して、リフトアップ効果のある美容成分がたっぷりと含まれています。

顔の皮膚にハリが出て、たるみが解消されると、顔全体がリフトアップするため若返り効果が期待できます。

コーセーの肌若返り化粧品に人気なのは?

◆【薬用 雪肌精】のクチコミ

試供品を使った時の印象が良かったので試しに購入してみました。
最初はお肌にすーっと浸透していく感じが気持ちよかったのですが、敏感で乾燥肌の私には、もう少し潤いが欲しいな?と思うようになりました。
美白化粧品特有のしっとり感の無さが少し気になりました。

薬用なので、お肌が吹き出物なので荒れている時には重宝します。

私は敏感肌なのですが、敏感肌の人でもピリピリせずに使用できるのは良いところだと思います。

女性の薄毛の悩みはヘッドマッサージ

最近は薄毛を気にしている女性も少なくありません髪の量を増やしたいという女性は増えています。

女性の脱毛はハゲるというよりかは若いうちは、髪の一本一本が太くて量も多かったけれど、年をとるにつれ髪が細くなり、本数も減ってしまって、髪のかさが見るからに少なくなっているという状態です。

だから育毛剤を使って髪を増やしたいと思っている女性は多いので女性をターゲットにした育毛剤は、CMなどで見かけることも多くなっています。

ヘアメイクやヘアアレンジで若く見える髪型(ヘアスタイル)

髪のボリュームが少なくなると、それだけで年をとったような印象になります。

髪はたくさんあって、ボリューム感を感じることができたほうが、若く見えます。

見た目に髪が及ぼす影響はとても大きなものですから、育毛剤を使って髪を増やすことができれば嬉しいものです。

髪が増えれば、色々なヘアアレンジが可能なので外見印象をぐっと若返らせることが可能です。

髪色・白髪染・ヘアカラーなど

白髪があると見た目年齢は上ります。

毛染めは大変ですが、白髪のある人にとっては即効性の高い若返りです。

時間がない方でも日々のシャンプーで白髪を徐々に染めていくことができるようになっています。

ウィッグも自然な色と髪質の物が増え、白髪ケアもかなり楽になってきました。